ニフクラ mobile backend information

このページではニフクラ mobile backendからのお知らせを掲載しています。

いつもニフクラ mobile backendをご利用いただき、ありがとうございます。
2020年1月15日より、下記の通り中文(繁体字)言語の管理画面をリリースいたしましたのでお知らせいたします。

 

■ 中文(繁体字)対応いたしました

管理画面右上のメニューにて言語切り替えが行えます。

図1.png

中文(繁体字)言語選択時画面イメージ
図2.png


今後も、より便利にmobile backendを利用していただくために、鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backendをよろしくお願いいたします。

いつもニフクラ mobile backendをご利用いただき、ありがとうございます。
2019年8月1日より、プッシュ通知配信時のテンプレート保存が行えるようになりましたのでお知らせいたします。

 

■ プッシュ通知のテンプレート化ができるようになりました

 

プッシュ通知作成時に、

入力した内容を、テンプレートとして保存しておくことが可能となりました。

同じ内容のプッシュ通知を繰り返し配信される場合、テンプレートとして保存しておくことで、入力の手間を省くことが出来ます。

PushTemplateInput.png


詳細については、下記ドキュメントをご参考ください。

プッシュ通知:基本的な使い方>テンプレートを使用する

 

今後も、より便利にmobile backendを利用していただくために、鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backendをよろしくお願いいたします。

いつもニフクラ mobile backendをご利用いただき、ありがとうございます。
2019年6月4日に管理画面の改修をいたしましたのでお知らせいたします。

 

■ 管理画面での絞り込み検索に「を含む」クエリを追加

 

データストア/ファイルストア>絞り込み にて、

従来、「と同じ」による完全一致検索しか出来ませんでしたが、「を含む」による部分一致検索が可能となりました。

contain.PNG

 

 

※使用例※

yamada.PNG

 

 

今後も、より便利にmobile backendを利用していただくために、鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backendをよろしくお願いいたします。

いつもニフクラ mobile backendをご利用いただき、ありがとうございます。
2019年3月19日に管理画面の改修をいたしましたのでお知らせいたします。

 

■ iOSプッシュ通知証明書情報の表示

 

アプリ設定>プッシュ通知>iOSプッシュ通知 項目にて、

iOSプッシュ通知証明書がアップロードされている場合、証明書の環境・有効期限が確認出来るようになりました。

apns_info.PNG

 

■ 誤ったiOSプッシュ通知証明書のアップロード防止機能の追加

 

下記ドキュメント記載の、誤ったiOSプッシュ通知証明書について、

従来はアップロード可能なものもございましたが、アップロードを防止する機能を追加しました。

 mBaaSとAPNsの連携に必要な設定>不正な証明書

 

 

今後も、より便利にmobile backendを利用していただくために、鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backendをよろしくお願いいたします。

いつもニフクラ mobile backendをご利用いただきありがとうございます。


2018年7月18日より、スクリプト機能で Twilio ライブラリが利用可能になりました。
また、スクリプト機能の各言語で利用可能なバージョンについて、管理ポリシーを定めました。


対象となるお客様


・スクリプト機能を利用中のお客様


変更内容について


・スクリプト機能のライブラリにTwilioを追加
- スクリプト機能で使えるライブラリにTwilioを追加しました。
- Node.js、Rubyどちらの言語でも使用可能です。


・スクリプト機能の利用可能バージョンポリシーを公開
- スクリプト機能の各言語で利用可能なバージョンについて、管理ポリシーを定めました。
- 管理ポリシーの詳細はドキュメントをご覧ください。


今後も、より便利に mobile backend を利用していただくために、
鋭意改善してまいります。


引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。

ニフクラ mobile backend をご利用いただきありがとうございます。

以前よりご案内しております通り、@nifty個人会員のお客様は
ソーシャルIDへ移行頂く必要がございます。

2018年6月13日(水)をもって移行期間は終了となりましたが、
移行ツールを用いることで、今後もお客様ご自身にてアカウント移行が
可能ですのでご案内いたします。


■移行ツールを用いた移行手順

1. こちらから移行ツールにアクセスして頂き、現在ご利用頂いております@niftyIDを
入力してください。入力が完了し送信ボタンを押すと、@niftyIDに登録されている
メールアドレスへ確認メールが送信されます。


24時間以内にメールを確認し、メール本文中のリンクから本登録を行ってください。

migration_00.PNG

migration_01.PNG

migration_07.png



2. 「Facebook」「Twitter」「Google」のSNSアカウントを選択してください。

migration_02.PNG



3. 紐付けるアカウントを指定します。
Facebook/Twitterも同様にアカウントを指定してください。

migration_03.PNG



4. ご登録いただく連絡先メールアドレスを記入ください。

利用規約について確認後、24時間以内にメールを確認し、
記載してあるリンクからアカウント移行を完了してください。

migration_04.PNG

migration_05.PNG

migration_08.png



5. 移行が完了しますとダッシュボードにログインできます。

migration_06.PNG



引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。

いつもニフクラ mobile backendをご利用いただき、ありがとうございます。
2018年4月18日に機能追加をいたしましたのでお知らせいたします。

 

■ スクリプト機能の対応言語にRubyを追加

 

今までスクリプト機能はnode.jsのみでしたが、本日からRuby言語にも対応いたしました。

詳細については、以下のドキュメントをご覧ください。

 

・ドキュメント( iOS / Android / JavaScript / Monaca / Unity

 

今後も、より便利にmobile backendを利用していただくために、鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backendをよろしくお願いいたします。

いつもニフクラ mobile backendをご利用いただき、ありがとうございます。
2018年4月18日に機能追加をいたしましたのでお知らせいたします。

 

■ ファイルストアの公開ファイルにEtag機能を追加

 

今後公開ファイルのリクエストヘッダーにEtagが追加されるようになりました。
こちらの使い方はドキュメントをご参照ください。

 

ドキュメント

 

今後も、より便利にmobile backendを利用していただくために、鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backendをよろしくお願いいたします。

いつもニフティクラウド mobile backendをご利用いただき、ありがとうございます。
6月20日、下記の通り英語版管理画面をリリースいたしましたのでお知らせいたします。

■英語対応いたしました

以下のように右上のメニューにて言語の切り替えが行えます。

英語版管理画面のリリース告知画像

海外アウトソーシング(オフショア)にてアプリ開発をする場合など、
さまざまな場面にて是非英語版の管理画面をご活用ください。

引き続き改善に努めてまいります。
今後とも、ニフティクラウド mobile backendをどうぞ宜しくお願いいたします。

ニフティクラウド mobile backendをご利用いただき、ありがとうございます。

4月18日にUnity SDKをアップデートしました。

今回のアップデートにより、以下の変更があります。
・Twitter、FacebookのSNS連携機能を追加しました。
・プッシュ通知の絞り込み配信ができるように変更しました。
・Unity4系のサポートを終了します。

詳細については以下のページをご覧ください。

(GitHubのリリースページに遷移します。)

今後も、より便利にmobile backendを利用していただくために、
鋭意改善してまいります。

引き続き、ニフティクラウド mobile backendをよろしくお願いいたします。 

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ