サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >管理画面の使い方:エクスポート機能

管理画面の使い方

共通ドキュメント

エクスポート機能

エクスポート機能を利用する

エクスポート機能を利用することで、データストア、会員管理で保存されているデータをjson形式でエクスポートすることができます。
管理画面右上にあるアプリ設定を開き、エクスポートを選択すると、以下の画面が開きます。
「エクスポート」ボタンをクリックすると、ポップアップ画面が開きます。

エクスポート画面1

エクスポートデータへのリンクが送信されるメールアドレスを確認し、「エクスポートする」ボタンをクリックしてください。

エクスポート画面2

以下の画面が表示されると、しばらく経ってからエクスポートデータへのリンクが記載されているメールが送信されます。

エクスポート画面3

以下の内容のメールが送信されるので、URLをクリックしてください。
※URLには有効期限がございますので、メール受信後はお早めにダウンロードしていただきますようよろしくお願いいたします。
なお、URLの有効期限は「エクスポートする」ボタンをクリックしてから24時間です。メールを受信してから24時間ではありませんので、ご注意ください。

エクスポート画面4

URLを開くと、以下のようなエクスポートデータをダウンロードする画面が開きます。

エクスポート画面5

上の画面で、ダウンロードボタンを一度でもクリック場合はエクスポートデータのダウンロードが完了したものとして、リンクが無効になります。

ダウンロードボタンを2回クリックした場合には、以下のようなページが表示されます。

エクスポート画面6

注意事項

  • エクスポート機能では、エクスポート依頼した mobile backend アプリの各機能で利用しているクラス(但し、ファイルストア機能を除きます)に登録してあるデータを全件取得し、jsonファイルを作成した後、ダウンロード用のzipファイルを作成しています。そのため、各クラスにオブジェクト(レコード)が多く入っている場合などは、ダウンロードファイル(zip)のサイズが大きくなり、エクスポート処理にも時間を要する可能性があります。

  • エクスポート対象の各クラスに保存されたデータの総ストレージ容量について、制限は特にございませんが、推奨最大値は 5GB とさせていただいております。前項の理由から、各クラスに保存されたデータの総ストレージ容量が 5GB を超えるアプリの場合、エクスポート処理が正常に終了しない場合がございます。その際はお手数ですが、サポートページ内の不具合報告フォームからご連絡ください。
    ※なお、エクスポート対象の各クラスに保存されたデータの総ストレージ容量については、各アプリ管理画面のダッシュボードページの、「ステータス」に記載しているストレージ項目の値をご参考ください。ただし、こちらの値は、エクスポート対象外のファイルストアクラスに保存されたデータの総ストレージ容量も含まれています。そのため、 ストレージ項目の値が 5GB を超えていたとしても、そのほとんどがファイルストア機能の利用による場合は、エクスポート処理が正常に終了するケースもございます。

  • エクスポート処理実行後は、アプリ内のデータ処理およびエクスポート処理のパフォーマンス向上のため、不要データの削除にご協力ください。また、エクスポート処理以外のデータ取得方法として、API経由でのオブジェクト取得も可能ですので、ご検討ください。

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ