サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >プッシュ通知(Swift):リッチプッシュ通知

プッシュ通知(Swift)

リッチプッシュ通知

リッチプッシュ通知とは

リッチプッシュ通知とは、通常のプッシュ通知からアプリを起動した場合に、
プッシュ通知の受信データ内で指定したURLのWebページを開く機能です。

リッチプッシュ通知

ダッシュボードからリッチプッシュ通知を行う

ダッシュボードのプッシュ通知配信画面でURLの欄にリッチプッシュ通知用のURL設定することができます。
リッチプッシュ用URL指定

あとは通常のプッシュ通知と同じように配信を行ってください。

アプリ側での設定

リッチプッシュ通知を表示するためには、handleRichPushを利用します。
※複数のリッチプッシュ通知を受信/選択した場合、最後に受信/選択したリッチプッシュ通知に指定したURLのWebページを開きます。

アプリ起動時にリッチプッシュ通知を表示したい場合は、
application:didFinishLaunchingWithOptions:メソッドでhandleRichPushを呼び出すようにしてください。

//アプリが起動中にプッシュ通知を受信したときの処理
func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions:[UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
    // NCMBの初期化をしてるメソッド内
    NCMB.initialize(applicationKey: "your-app-key", clientKey: "your-client-key")
    //リッチプッシュ通知を表示させる
    if let notification = launchOptions?[.remoteNotification] as? [String: AnyObject] {
            NCMBPush.handleRichPush(userInfo: notification)
    }

    return true
}

プッシュ通知を受信したときの処理です。

//プッシュ通知を受信したときの処理
func application(_ application: UIApplication, didReceiveRemoteNotification userInfo: [AnyHashable: Any],fetchCompletionHandler completionHandler:@escaping (UIBackgroundFetchResult) -> Void) {
    if let notiData = userInfo as? [String : AnyObject] {
        //リッチプッシュ通知を表示させる
        NCMBPush.handleRichPush(userInfo: notiData)
    }
}

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ