サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >プッシュ通知(Swift):絞込み配信

プッシュ通知(Swift)

絞込み配信

概要

このページでは、iOS端末向けのプッシュ通知を配信する際、
配信端末を絞り込んで配信する方法について説明していきます。

ダッシュボードでの絞り込み

下の図のように、「installationクラスから絞込み」を選択すると、
installationクラス(端末情報が保存されているクラス)から、
端末を検索する条件を設定することができます。
下の図の例では、appVersionが1.1以下のアプリを対象としてプッシュ通知を送信するようになります。
(アップデートのお知らせなどで活用できます。)
配信端末の絞込

また、installationクラスに独自フィールドを用意して、
検索条件の拡張をすることで、より柔軟な絞り込み配信が可能です。

アプリでの設定

端末情報に独自フィールドを設定する場合は、
NCMBInstallationクラスを利用します。

以下のサンプルコードは、APNsからDevice Tokenを取得出来た場合に
端末情報の登録を行っている処理です。
DeviceTokenのセット後、regionというフィールドにAsiaという文字列を設定しています。

func application(_ application: UIApplication, didRegisterForRemoteNotificationsWithDeviceToken deviceToken: Data) {
    // 端末情報を扱うNCMBInstallationのインスタンスを作成
    let installation : NCMBInstallation = NCMBInstallation.currentInstallation

    // Device Tokenを設定
    installation.setDeviceTokenFromData(data: deviceToken)

    // region フィールドに "Asia" を設定
    installation["region"] = "Asia"

    // 端末情報をデータストアに登録
    installation.saveInBackground(callback: { result in
        switch result {
        case .success:
            // 端末情報の登録が成功した場合の処理
            print("保存に成功しました")
        case let .failure(error):
            // 端末情報の登録が失敗した場合の処理
            print("保存に失敗しました: \(error)")
            return;
        }
    })
}

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ